おすすめオンラインゲーム

3Dオンラインゲーム 必要スペック

3Dゲーム(3Dオンラインゲーム)をとりあえず遊べるようする為には
どのくらいのパソコンスペックがあれば良いかをまとめたページです。
あくまでも管理人の体験上での記載なので参考程度でお願いします。
 

モンスターハンターフロンティアG

キャラクターを鍛え巨大なモンスターなどを狩って遊ぶ人気のオンライン狩りゲーRPG

■無料オンラインゲーム

オンラインゲーム おすすめ
オンラインゲーム 新作
MMORPG おすすめ(3D)
MMORPG おすすめ(2D)
ウェブトークRPG おすすめ
FPS おすすめ
シューティングゲーム おすすめ
アクションゲーム おすすめ
カードゲーム おすすめ
クイズゲーム おすすめ
スポーツゲーム おすすめ
コミュニティゲーム おすすめ
音ゲー(音楽ゲーム) おすすめ
麻雀ゲーム おすすめ
パチンコ・パチスロ おすすめ
総合ゲームサイト おすすめ

■無料ブラウザゲーム

ブラウザゲーム おすすめ
ブラウザゲーム 新作
ブラウザゲーム RPG
ブラウザゲーム SRPG
ブラウザゲーム SLG
ブラウザゲーム AVG
ブラウザゲーム カードゲーム
ブラウザゲーム メダルゲーム
ブラウザゲーム ボードゲーム
ブラウザゲーム 街づくり
ブラウザゲーム 懸賞ゲーム

■有料オンラインゲーム

有料オンラインゲーム おすすめ

■スマホ無料ゲームアプリ

スマホおすすめゲームアプリ

■サイト案内など

免責事項・禁止事項
リンクについて
オンラインゲーム リンク集
スマホゲームアプリ リンク集
3Dオンラインゲームをとりあえず遊ぶのに必要なスペック
サイトマップ

数年前までは3Dゲームを遊ぶにはとりあえず10万円程度かけないととても遊べる状況ではなかったのですが、最近ではパソコンの価格も暴落し5万円以下で十分なスペックを持った物が多くなってきています。

そこで簡単ではありますが、3Dゲーム(主にFPS、MMORPG)をとりあえず遊べる状態にするには、どのくらいのスペックがあれば良いかを書いておきます。3Dゲームを遊んだことが無い人は参考にしください。

あくまでも管理人の体験上での話しなので絶対に大丈夫!と言う話ではありません。
また快適に遊べるではなく『とりあえず遊べる』と言う点に注意して下さい。



CPU
Core 2 Duo以上であれば、とりあえず3Dゲームは遊べます。
Core 2 Duoは古いCPUですので、最近の物で低価格で買えるものですと、『Core i3、Pentium Dual-Core、Celeron Dual-Core』あたりでしょうか。コスパ(コストパフォーマンス)重視なら『インテル Celeron G530』が格安でかなりの性能を持っていておすすめです。

メモリー
とりあえず2GBあれば問題ありません。

グラボ(グラフィックボード、ビデオカード)
最近のパソコンですと、特に何も買わなくても遊べる3Dゲームが多いです。
オンボードに付いているグラフィック機能もかなり優秀になっていますので、低画質に設定すれば3Dゲームを楽しめます。

数年前のパソコンですとグラボを購入する必要がありますが、3000円程度で購入できる『Radeon HD 6450搭載のビデオカード』以上の物であれば3Dゲームやブルーレイ、フルHDの動画を楽しめます。

また、ノートパソコンの場合はCore i3以上のCPUを搭載していれば3Dゲームを遊べます。ただし注意点があり『排熱処理』に気を付けてください。ノートパソコンは熱が篭りやすく、3Dゲーム起動中はかなりの高温になっています。夏場はエアコンがある部屋で遊んだり、扇風機の風を当てるなどの対策をしましょう。

総括
ゲームメーカーもより多くに人に遊んでもらう必要があるため、3Dのオンラインゲームを遊ぶのに必要な必須環境は決して高くありません。

そのため数年前のパソコンでも動くゲームが殆どですが、高価な部品にすればするほど高画質でド派手な演出を楽しめます。

グラフィックの質を絞ったロースペック設定で遊んだあと、最高画質で同じ3Dゲームを遊ぶとまったく違う印象のゲームになるものも少なくありません。

予算があるなら高性能なパーツを選べばいいのですがかなり高額なので、中画質程度を快適に遊べるスペックのパソコンを記載しておきます。

ミドルクラスのパーツは大抵1万円程度で購入できるので、値段もお手ごろでコスパはかなり良いと思います。

おすすめミドルスペック
メモリ:2GB(Windows XP)、4GB(Windows 7 / Vista)以上
CPU:Core i3以上(可能ならCore i5)
グラボ:補助電源必要:RADEON HD 6870 または Geforce GTX 560 Ti
グラボ:補助電源不要:RADEON HD 6670(↑を接続できるならコレを選ぶ必要無し)

上記を満たすパソコン(部品)であれば、ほとんどのオンラインゲームは中画質〜高画質でも概ね快適に遊べます。

管理人は露天用などのサブ機に『Pentium Dual-Core E6600(安いCore i3に近い性能)、HD 6670(GDDR 1GB)、メモリ8GB』を使用していますが、それでもモンハンFのベンチマーク(LOW)程度だとスコア5800は出ますし、大抵のオンラインゲームは中画質でソコソコ快適に遊べています。

なお、グラフィックボードは補助電源ありのほうがパワーもあり3Dゲームもヌルヌル動いてくれるのですが、パソコンの電源容量が少ないと起動できなかったり、サイズも大きいのでスリムタイプ&コンパクトタイプのパソコンではケース内に入りきらなかったり、エアフローを考慮していないと熱暴走を起こしてしまったりするので、あまりパソコンに詳しくない人は補助電源の必要の無いグラボを選択しましょう。




ゲームPC Intel Corei7 クアッドコア




■スポンサードリンク




当サイトで紹介している全ての商標/著作権/画像などは各運営会社に帰属しています。
©Copyright 2014 - おすすめオンラインゲーム ,All Rights Reserved.